エンデューロ観戦・三社巡りは、御神木、なでうさぎ、自転車の神様巡り(後編)

2015.01.21.21:55

自転車の神様

 都農神社を出発して、北山神社に向かうメンバー、師匠に従って一列で進んでいきます。
 えいちゃんが、はみでてましゅね/(・×・)\DSC01587.jpg

 北山神社に行くのは師匠も初めてのようで、師匠の勘ナビが頼りなのですが、いまいち不調のようで迷走しながら進みながらも、なんとか川南町にある北山神社到着

 自転車の神様?(あまり一般的には言われてないかもしれませんが)
 仕事がら考古学に詳しいえいちゃんによると(聞いた話しを私なりに解釈して書いているので、間違っていたら申し訳ありません)、一説によると自転車の神様大山積神(大山祇神社(愛媛県)が大山積神を祀る総本社)と言われているとのこと。

 自転車の魅力について考えるシンポジウムに参加で自転車の魅力を再認識で書いたように、愛媛県が自転車の環境整備に力を入れていて、国内外から多くの観光客が訪れているというのも自転車の神様の御神力による賜かもしれませんね。

 何故、自転車の神様と言われているのか?
 一部、この件について触れた、HPの文章を引用させて頂きました。

 瀬戸内海に面したこの地域は、昔合戦が多かったこともあり、大山祇神社には数万店に及ぶ甲冑等が収蔵されている。
 武士たちは戦場で冠る兜鉢の中央の孔を「かんやどり」と呼び、神が宿る神聖な場所として呼んでいた。
 かつての兜のお守りを現代人に照らし合わした「ヘルメット守」が、この神社にはある。
「ヘルメット守」は、縦5cm、横1.5cmという小さなお守り。裏には粘着シートが張られているので、そのままヘルメットの裏に貼ることができる。
 お守りの説明には、「現代の戦場とも呼ぶべき各種職場に於いてまた、自転車、オートバイなどに乗る人々が自らの身を守るため冠るヘルメットの『かんやどり』を大切にそして皆様の操業安全交通安全をお祈りします」と記されている。
 ということのようです。
 
 ヘルメットのお守りが転じて、自転車の神様となっているようですね。

 話しを戻しますが、北山神社が何故、自転車の神様なのか、それは大山積神を祀る全国1万326社のうちの一つだからです。

 皆さんの近くにも大山積神が祀られているかもしれませんね、是非一度お参りしてみてください。

 前置きが長くなりましたが、自転車をおく場所もないし、自転車の神様ということもあるので、御利益を頂くために自転車を担いで階段を登ります。
DSC01590.jpg

 お賽銭箱が有る場所は、扉が閉まっているので、その前にお賽銭を置いて、今年の自転車の安全祈願を行いました。
 脱兎会メンバーが、今年一年、安全に自転車に乗れますように、どうかお守りください。
DSC01591.jpg

DSC01592.jpg


 自転車の神様に関連して、翌日とある出来事(後日のブログネタ?)があり、ヤーボーさんの所にお邪魔して聞いた話です。

1 自転車お守り
 熊本県の浮島神社で「自転車お守り」なるものがあるようです。
 ただ、自転車の神様を祭っているのではなく、神主さんが自転車好きで、自転車お守りを作ったのがきっかけだったようです。
 ヤーボーさんがお客さんから頂いた、自転車お守り
IMG_1230.jpg

 神主さん商売上手なようで、新たにジテツウお守りなるものも販売しているようです。
 
以前は郵送もやっていたようですが、今はやっていないようです(再開する予定はあるようですが)。
 また、この神社では、神主さんの趣味なのか自転車市庭なる自転車関連のフリマもやっているようです。
 機会があったら自転車で行って、見たい神社ですね(お守りを買いたい)。

2 イタリアの自転車の神様 
  これは、自転車乗りの間では有名なのかもしれませんが、イタリアにあるギッサロ教会は1949年ローマ法王により「サイクリストの聖地」と正式に称号され、現在でもジーロ・ディタリアの拠点になっているようです。
 教会正面左側にはお土産屋があり、ここでしか買えない特別な自転車用「お守り」を購入することが出来るようです。
 ネットで買えるようですが・・・ 

 ヤーボーさんのお店にある教会横に佇むサイクリストのモニュメントの写真
 勝者と敗者のモニュメントでしょうか。
 上にモニュメントに書かれている大意が書かれています。

 なかなか、いい言葉ですね。
 この境地にはとても達していませんが、自転車に乗る一つの魅力を感じさせる言葉ですね。
IMG_1232.jpg

 ギッサロ教会、是非、自転車で行ってみたい・・・って無理ですね。
 ヤーボーさんが一度行ってみたいとおっしゃっていました。
 簡単に行けるところではありませんが、ヤーボーさんの話や、ネットで調べてみて、私も一度行ってみたくなりました。

 話を戻して、三社巡りも無事に終わりました。
 後は、デザートを食べて帰りましょう。
 なにをたべるんでしゅかね/(・・;)\

 向かった先は、当ブログに度々登場する、高鍋町にある「風々々」
DSC01595.jpg

 「数種類のソフトクリーム」と「サービスのコーヒー」が飲めるのが魅力です。
 「美味しい焼きたてのパン」が随時補給されているのも良いですね。
 お客さんが途絶えること無く訪れているようです。

 私が頼んだのは、(この季節限定)生いちごのソフトクリーム
DSC01596.jpg

 他のメンバーは小さいサイズのソフトクリームを注文。
 小さいサイズでは、生いちごのソフトクリームが食べられなかったので、私だけが大きいサイズになってしまいました。
DSC01597.jpg

 師匠から、カロリー消費のため私だけ旧南九大の坂(登ったことはありませんが、結構な坂のようです)を登る提案が出されましたが、丁重にお断りさせて頂きました。
 えいちゃんは、師匠のこの提案に恐れをなしたのか、パンを食べるのを止めました・・・。

 ソフトクリームは生いちごが練り込まれていて、とても美味しいかったです。
 期間限定のようなので、これが一押しでお勧めですね。

 ソフトクリームとコーヒーで一息ついたので、帰るとしますか。

 フロントインナーで回していたので、結構足が疲れが溜まってきている感じですが、もう一踏ん張りペダルを回しましょう。
DSC01598.jpg

 北バイパスでメンバーで分かれて、帰路に付きます。
 皆さんお疲れさまでした。来週の裏迷走会でまた一緒に走りましょう。

 さあ帰りましょうと思って、ペダルを踏み出したところ、途中から西風に変わったらしくて、結構強い向かい風になってます。
 堤防上では、砂がまっているらしく、口の中がじゃりじゃりしてしまいましたが、今日も無事に帰宅することが出来ました。
DSC01600.jpg

 ただいま、うーしゃん。
 なでうしゃぎにしたみたいに、いっぱいなでなでしゅるでしゅ/(^^)\
DSC01601.jpg

 
 走行距離:125km
 平均速度: 22.1km

 この後、娘と一緒に買い物に行ったのですが、娘2人が何か食べて帰りたいとのこと。
 長女が某チェーン店〇〇で友達が美味しかったと絶賛していた、焼き鳥が食べたいと言いだしました。
 ここは、あまり美味しくないよと言ったのですが、ここがいいと言い張るので、代行で帰ることにして食べて(一杯やって)帰ることにしました。
IMG_1220.jpg

 娘2人で、ツイッターか何かに投稿して喜んでます。
 長女が運ばれて来た料理を食べて、あまり美味しくないと一言・・・
 一方次女は、美味しい、また連れてきてと喜んでますが、長女がこれに対して一言
 「あんたの旦那になる人は、楽するわ」
 長女は誰に似たのでしょうか・・・
 いわずもがな、でしゅね/(^×^)\

 自分の愛車を赤の他人に運転させたくないので、代行運転を利用したことは無かったのですが、対応等も良かったのでどうしても飲みたい時には、使ってみるのも良いかもしれませんね。
 
 今日(1月21日(水)自転車走行日記で一位になりました。

 ブログを始めて一年ちょい(結構サボってましたが・・)、今年からランキングに参加して2週間と少し、訪問して頂いた皆様のおかげで、一位になることが出来ました、これからも訪問、並びに応援よろしくお願いします。
荳€菴浩convert_20150121225234
 うーしゃんのおかげでしゅね/(^^)\

 これからも、おうえんのポチをおねがいしゅるでしゅ/(^×^)\
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

たばちゃん

Author:たばちゃん
Mの国でロードバイクとうさぎを愛するおやじ。

ロードバイクや愛うさとの日々を綴っていきます。

愛うさぎの紹介
  種 別:ホーランドロップ(たれ耳うさぎ)
  名 前:シャウ(愛称:うーしゃん)
  性 別:おとこのこ
  性 格:温厚で甘えん坊、なでなで大好き
  誕生日:平成23年7月24日
  平成23年10月8日おやじと運命の出会いで迎えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うーしゃんカウンター/(^Å^)\
来訪いただいた方々の数(ありがとうございます)(2015年1月24日設置)
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR