丑の日翌日うなぎ食いサイクリング(後):かえるさん帰ってきたよ~

2016.08.07.22:26

丑の日翌日うなぎ食いサイクリング(前):かえるさん行って来ま~す

丑の日翌日うなぎ食いサイクリング(中):陰陽石は奇岩それとも閲覧注意!?

おやじのサラメシ35・勝美館(小林市須木):天然うなぎが食べられる貴重なお店

からの続きです。



 うなぎを食べて、HPが回復した(ような気になった)二人です。

 えいちゃん、帰りましょう。

 すきむらんどの入り口から勝美館に至る坂は最大斜度13%あったこともあり(逆から上った斜度は分かりませんが)、できればあの坂は上りたくない二人です。

 折角なので、大吊り橋を自転車を押して渡ることにします

 持参したクリートカバーを付けて大吊り橋まで歩きます。

H28731 (103)


 大吊り橋を渡るには、通行料200円がかかるようです。ここで暫し考えます。

 ① 大吊り橋を渡らずに激坂上って200円でアイスを食べる

 ② 通行料200円を払って大吊り橋を渡って少し楽をする

 ③ 通行量200円を払わずに大吊り橋を渡って、浮いた200円でアイスを食べる

 一番お得なのは③なのですが、良心が痛みます。
 
 ここは②を選択して、大吊り橋を渡りましょう。

 ここで気になったのが片道でも往復でも通行料が200円ということ、まあいでしょう。

 えいちゃんと二人でちゃんと200円ずつ入れて(笑)大吊り橋を渡ります。

 とうしゃんにも、りょうしんがあちゅたようでしゅね
 /(・Å・)\


H28731 (104)

H28731 (105)


 ちょっと、怖いかも。

H28731 (106)



 正面に見えるのがままこ滝。

H28731 (107)

 ままこ滝とは・・・ネット上より拝借しました。

 ままこ滝(県指定名勝 昭和8年12月5日)

 綾南川の上流に架かる高さ40.6m 幅18m 滝壺の深さ22mの滝
 須木の滝は、その昔子供を滝壺に突き落とそうとした継母がその弾みで共に落ち込んでしまったという悲話から「ままこ滝」と呼ばれるようになった。

 伝説「ままこ滝」(看板より引用)

 この滝の近くに若い木こりの夫婦が住んでいて、彼らには可愛い女の子があった。
 訪ねる人もない山の中の一軒家で親子水入らず3人の生活はとても楽しいものであった。
 四季の移り変わる周囲の景色を眺め、日ごとに成長していく我が子の行く末を夢見つつ、元気で働けることは彼らにとって何よりも幸福と思われた。

 しかしその幸福は永くは続かなかった。美しい妻はふとした病が元で、まだあどけない娘を残してついに帰らぬ人となったからである。
 平和で楽しかった彼らの生活は一瞬にして壊れてしまった。幼い子をつれて深山の木こりの仕事はあまりにも無理であった。毎日の生活さえ男一人の手では思うままにならない。そこでやむなく第二の妻が迎え入れられた。
 子供はやがて5・6才となったが後入りの妻はこの子がじゃまで仕方ないので何かにつけていじめていた。たよりの父は毎日朝早く家を出て夕方は遅く帰るので子供にしては継母と終日暮らすよりはかなかった。「実の母が生きていてくれたら」と子供心にも今は帰らぬ母を慕って幾度泣いたことであろうか。

 さてある夏の昼下がりのことであった、野良仕事を終えた母と子は滝上の岩に並んで滝を見下ろしていた。いつも子を憎む母も、今日だけは言葉も優しく「しらみをとってやろう」と言いながらその子を膝に引き寄せその髪を分け始めた。 直ぐ真下には幾十尋とも知れぬ断崖を水は地響きをたてて落ちていた。この継母に恐ろしいたくらみが有ろうなどとはつゆほども知らぬこの子はうれしさに無心になって自分の帯と母の帯の端と端とをしっかりと結んでいた。その時であった、頃を見計らった継母は我が膝に寄り添う娘を満身の力で突き落とした。
 しかし、千尋の滝壺へ落ちていったのは、いたいけな継子と継母との二つの塊であったのである。

 悲しい話しですね・・・ 
 
 くしょばばはいいけど、こどもがかわしようでしゅ・・・/(;×;)\


H28731 (108)

 
ピナパリとままこ滝の記念撮影。 明るくてカメラの画面が確認できなかったのでちょっと失敗。

H28731 (111)


 滝の反対側。

H28731 (110)


 下をみると、ナニがキュンとします。

 ナニちゅて、なんでしゅか?
 /(・×・)\

 
 鯉でも釣っているのかな?

H28731 (109)

 
 大吊り橋を渡り暫し考える私。

 片道で200円はもったいないので、往復してもと来た坂を上ろうか・・・

 それとも、ここから橋を往復したら100円儲かるかも(1往復半)・・・
 
 しぇこいとうしゃんらしい、かんがえでしゅね
 /( ‐ × ‐;)\


 余計な体力を使うので、やっぱやめた。

H28731 (112)

 大吊り橋の概要説明。

H28731 (114)


 橋を渡ったところに展望台があったので上ってみます。

 うーん、良い景色ですね~ 

H28731 (115)


 屋根付きの休息所があったのでここで、暫しごろんと横になります。

 風が抜けて気持ちがイイ。アップダウンを帰ることを考えると帰るのが嫌になってしまい小一時間程休んでしまいましたが、ここにずっと居るわけにもいかないので展望台を後にします。

H28731 (116)

 
 お土産売り場があるようなので、見てみましょう。

H28731 (117)


 須木なのを買って栗だって

H28731 (118)


 須木で作っている焼酎。 ネーミングとアルコール度数25%に引かれます。

 買って帰りたいけど流石にこれはもって帰れないので断念。

H28731 (119)


 えいちゃん、帰りましょう。

H28731 (121)


 往路で結構足を使いましたが、うなぎパワーで坂を上ります。

 下り坂で勢いをつけて上り坂を上ったせいか往路よりも楽な感じです。

 でも、抜かして行ったオートバイがちょっとうらやましい。
 
H28731 (122)

 
 デザートはこちらのお店。

 ダイワファーム

 以前裏迷走会の時(冬場)に来ましたが、今回は夏真っ盛りということでお客さんがひっきりなしに訪れています。

 原料から製造・販売まですべて自社製品ということで、値段もリーズナブルなようです。

H28731 (124)


 ブルベリートッピングのソフトクリームを注文しました(確か330円)。

 ブルベリーは冷凍のものですが、暑いので冷凍でもOKです。
 
 甘すぎず、濃厚でクリーミーなソフトクリームは絶品です。(o‘∀‘o)*:◦♪

 店内はお客さんが多いので外で食べましたが、通常のソフトクリームよりも溶けにくい感じでした。

H28731 (123)


 途中、ショートカットの道を思い出し坂を上ります。

H28731 (126)



 のじりこピアまであと14km。暑いけど、えいちゃん頑張りましょう。
 
H28731 (127)


H28731 (128)
 

 ダイワファームを出てからは休息なしに、のじりこぴあまで帰ってきました。

 かえるさん、(無事に)帰ってきたよ~

H28731 (129)


 えいちゃん、休息しましょう。

H28731 (130)

 
 どっさい飲んみやんた~い。  ・・・という訳にもいかないので

H28731 (131)


 これで渇きを癒やしましょう。

H28731 (132)


 ピナパリをえいちゃん車に車載して、帰りましょう。

H28731 (133)


 ただいま、うーしゃん。

 おかえりでしゅ、のじりにいちゅたのにメロンのおみやげはないようでしゅね

 しょのぶん、たくしゃん、なでるでしゅ
 /(‐×‐)\

 
H28731 (134)


 ルート 

H28731ルート


 高度

 うーん、上ってますね。 

H28731高度


H28731温度


 走行距離:70km

 平均速度:18.8km

 高度上昇:849m

 消費カロリー:2,215kcal



 数年振りに食べたうなぎは、数十年振りに食べた天然うなぎでした。

 繰り返されるアップダウンのご褒美としては、十分に満足のいく物でした。 
 
 魔羅神様にまたがり、うなぎを食べたことで元気モリモリといきたいところですが、今回の炎天下のグルポタは疲労感が残るものとなりましたが、えいちゃん、また天然うなぎを食べにいきましょう(ごはんお代わりのリベンジしましょう(笑))。


 かえるしゃん、デカ○んこいし、うなぎ、おおちゅりばし、こんかいもいろいろあちゅたグルポタ

 おちゅかれしゃん、のポチをおねがいしましゅ
 
 /(๑◕ܫ◕๑) \


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2016.08.08.09:14

ままこ滝懐かしいです。
人が少なくてゆっくりできる場所ですよね。
私もいずれ自転車で行ってみたいな~。

ダイワファームも懐かしい^^
haruさんのことが怖いときだったのでビクビクしながら食べた記憶があります笑

No title

2016.08.08.21:02

○もさんへ

 ままこ滝・・・すきむらんどって、宮崎市内から遠いこともあり、なかなか行く機会がないですよね。

 今回私が辿ったコースを参考にデロさんを誘って、是非自転車で行ってみてくださいね(その際のブログを楽しみにしてます。特に陰陽石(笑))。

 そういえば、○もさん、裏迷走会に初めて参加した時haruさんが怖い人と思ってたと言ってましたね。

 お分かりのように全然怖い人でないので(笑)、サイメシ会にも参加してくださいね。(^∇^)ノ

2016.08.08.22:00

こんばんは(^-^)
ウマウマな処ありがとうございますm(__)m
海の幸が好きなので是非とも行って見たいです(☆∀☆)
前回のサラメシで紹介のあった曽於の光華苑の担々麺が食べてみたくて行きましたが、やみつきになりました(/▽\)♪
行く度に%upでチャレンジしてます(笑)

No title

2016.08.09.22:48

デロさんへ

 過去のおやじのサラメシを御覧になられたようでありがとうございます。

 おやじのサラメシは、私が食べてみて美味しかったと思ったお店をブログで紹介するつもりで書いてますが、あくまでも私の味覚と感覚によるものなので、ハズした場合は御了承ください。(*_ _)

 光華炎の担々麺を食べに行かれたんですね。光華炎の担々麺はたまに無性に食べたくなります・・・といいつつ一年近く行ってませんでした。(。-_-。)

 行くたびに%upできるのは楽しみですよね。次回行くときは、MAX500%を食べる予定なので折を見て行きたいと思います。(^∇^)ノ
プロフィール

たばちゃん

Author:たばちゃん
Mの国でロードバイクとうさぎを愛するおやじ。

ロードバイクや愛うさとの日々を綴っていきます。

愛うさぎの紹介
  種 別:ホーランドロップ(たれ耳うさぎ)
  名 前:シャウ(愛称:うーしゃん)
  性 別:おとこのこ
  性 格:温厚で甘えん坊、なでなで大好き
  誕生日:平成23年7月24日
  平成23年10月8日おやじと運命の出会いで迎えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うーしゃんカウンター/(^Å^)\
来訪いただいた方々の数(ありがとうございます)(2015年1月24日設置)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR