タイヤを楽にはめよう

2014.08.25.21:05

8月24日(日)注文していたタイヤ(ヴィットリア オープンコルサCXⅢ)が届いたので、タイヤをはめることにしました。

 あついのに、ものずきでしゅね。/(^x^)\
DSC00759.jpg

 ラテックスチューブは、前日のバーストで懲りたので、ブチルチューブをヤーボーさんで購入してきました。
 ラテックスチューブは、しなやかな乗り心地は魅力(とは言ってもよくわかりませんでしたが・・)だけど、チューブが柔らかいためチューブが噛みやすく、劣化しやすい等、欠点があるようです。
 値段もブチルチューブの2倍近いというのもマイナスポイントですね。

 フロアポンプはこちらJoe Blow Ace(ジョブローエース
60、120、260psiの3ステージ切り替え機能を持つ、ツインバレルフロアーポンプで空気圧に応じて切り替えて空気を入れるようになっており、空気が入れ易いです。
DSC00766.jpg

 クロスバイクを買った時に少々高価でも、長く使うものだし、空気が入れやすいものがいいだろうということで、購入したのですが、今考えるともう一つ下のクラスのフロアポンプでも良かったのかなと思います。
 260 psiまで空気を入れることはまずないでしょうが、当時はあまり深く考えてませんでした。
 エアゲージが下ではなく、上の方についていれば見やすくてよかったのですが・・・

 基本のおさらいということで、メンテナンス本を片手にホィールにタイヤをはめていきます。
DSC00763.jpg

 2Way-Fitということで、以前使っていたピナレロ純正?のワイルドキャット(カンパのカムシン?)クリンチャー専用ホイールと比較してみますが、違いが良く分かりませんね。
DSC00744.jpg

 バルブのところから(バルブの反対側が正しい?)タイヤをはめていきますが、またまたここからタイヤがはまりません・・・
この時、私が参考にしたメンテナンス本は、バルブのところからはめていくと書かれていましたが、現在はバルブを最後にはめるのが主流のようです
 先週、2度にわたりタイヤはめたので、コツをつかんだつもりだったのですが、何度やってもはまりません。
DSC00772.jpg

 2Way-Fitということで、メンテナンス本にあるチューブレスのタイヤのはめ方をやってみますが、やはりはまりません。


 今後のこともあるので、ヤーボーさんにタイヤのはめ方のコツを教えてもらえないか電話してみました。
 お忙しいのに関わらず(快く)いいですよと言うことでしたので、お言葉に甘えてヤーボーさんのところにお伺いしました。
DSC00778.jpg

 ヤーボーさんがタイヤのはめ方をレクチャーしてくれます。
DSC00774.jpg

 その通りにやっていくと、力を入れることなくすんなりとタイヤが、はまりました。
 これには、唖然としました。
 うーしゃんもびっくりでしゅ/(○Å●)\ 

 さすが、プロの技です。
 メンテナンス本にも、載っていないようなやり方?です。 
タイヤのはめ方を教えていただいた後、ヤーボーさんとの話が弾みます、たまたまお客さんがいなかったこともあり、お客さんが入ってくるまで1時間近くお邪魔してしまいました。
 いつも、お忙しいのに付き合っていただいて、ありがとうございます、今後ともよろしくお願いします。
 店内はこんな感じで、整然としていい感じのお店です。
DSC00775.jpg

 家に帰ってタイヤはめのおさらいをしました。
 まずは、タイヤレバーを使ってタイヤを外しますが、2Way-Fitの特性で、リムにタイヤががっちり乗っかっている?ので、タイヤレバーを使う前にタイヤのビートをリムのセンターに落としておきます。
DSC00779.jpg

 タイヤ片側のビードをホィールにはめていきます。
 次にチューブを軽く膨らませてから、バルブ側からタイヤ(前述しましたが、バルブ側を最後にはめるのが、現在の主流のようです・・・バルブの反対側からタイヤをはめていくが正しい?)を両方からはめていきます。
 (写真を撮るために右手が写っていませんが、両方から均等にタイヤをはめていきます)
 DSC00781.jpg

 そのままでは、はまらない状態になります。・・今までは、ここから先、悪戦苦闘しました・・・
DSC00772.jpg

 ここからは、両方からはめるのではなく、片側から手の平を使って少しずつ、めくりこむような感じではめていきます。
 が、はまらない(はまりにくい)こともあります。
DSC00782.jpg

 その時は、タイヤをバルブ側(前述したように反対側からが正しい?)から最後にタイヤをはめる側(前述したようにバルブ側)に両側から、上げて寄せる(なんか昔こんなキヤッチコピーのブ〇がありましたね)感じでタイヤを動かします(リムになじませまるような感じ)。 ←ここ大事 
 6枚前のヤーボーさんがタイヤを持っている写真のような感じでやります。
 タイヤがはまりにくい場合これを2~3回やると楽にはまります(はまるはずです)。
 メンテナンス本にも多分載っていないやり方です。 

タイヤがはまりました。
DSC00784.jpg

 最後にチューブが噛んでいないかタイヤを一周(両側)して確認します。
 バルブのところは念入りにバルブを数回動かして念入りにチューブが噛んでいないか確認します。
 空気を入れて完了です。
 私の説明では良くわからないかもしれませんが、その際はご了承ください。 
DSC00785.jpg

今回使用したヴィットリアのタイヤはそれほど硬いという評価は見られないのですが、これが硬いと評価があるタイヤだったら、やはりはめにくいかもしれませんね。
 以前使用していたハッチンソン(ユッチンソン)のタイヤは、同じホイールかと思うほど簡単にタイヤがはまり、タイヤレバーを使わなくてもタイヤを外すことが出来ました。
 タイヤとホィールの相性みたいなものもあるのかもしれませんね。 

 今回のパンクでは色々と勉強になりました。
 ひまわり畑で2度目のパンクしたのは、やはりチューブを補修した際にうまく補修が出来なかったことによるスローパンクでした。
 ヤーボーさんによると、手で紙やすりをかけると(よっぽどしっかり、かければ別でしょうが)高圧の空気を入れるロードバイクでは数百キロで補修箇所がはがれることが多いようです。
 ヤーボーさんがチューブを補修する際は、リューターにやすりを付けてしつかり磨く(タイヤについているシリコーン等の離形剤をはがす)そうです。
 
 補修箇所からパンク(空気が抜ける)をするリスクを考えると(しょっちゅうパンクするなら別ですが)、パンクした際には新しいチューブにした方が無難かもしれませんね。

 パンクは移る(感染する)?ようで、ここ2週間程度の間で、ばるちゃんから私、私からなもさん(私がなもさんのブログでコメントをしたばかりに感染した?)、なもさんからI切さんに感染しているようです。
 次は誰がパンクするのでしょうか(笑)
 たぶん、またとーしゃんでしゅね/(^Å^)\  
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

2014.08.25.22:48

説明、分かりやすかったです!
とても参考になりました(^o^)

タイヤを向こう側から手前にたぐり寄せる感じですかね。
今度練習してみます!

もうタイヤとチューブ交換はお手の物ですね\(^o^)/
パンクの神様に再来してもらいましょう笑

Re: No title

2014.08.26.20:38

なもさんへ

 参考になってよかったです。

 説明が悪かったのかも知れませんが、「タイヤを向こう側から手前にたぐり寄せる感じですかね。」ですが、タイヤを最後にはめる部分に向かって、バルブ側から(手前から)タイヤを(向こう側に)押し出していく感じです。逆向きしてやるのならなら、なもさんの表現であってます。

 要は、タイヤがはめにくい=タイヤをはめる部分が少ない・・・この部分にタイヤを送ってやって、タイヤをはめる部分を増やす+タイヤを柔らかくして(なじませて)、タイヤをはめやすくするというようなことでしょうか。

 パンクの女神(小悪魔風?)ならあってみたいですが、パンクの神様はパンクヘアーで決めて、目つき悪そう(意地悪そう)なので再来してほしくないですね(笑)

 パンク伝染病?の被害者がまた、出ました。
 私がパンク修理のやりかたを教えてもらったばかりに?、ヤーボーさんが今日(8/26)朝練に行こうとしてすぐ、パンクをしたようです。
 パンク修理のコツを伝授したことでパンクの神様が怒ったのかも(笑)。
 なもさんブログで今後、拡散しなければいいですね。
 詳細は、やーぼーさんのブログを参照ください。
 http://ameblo.jp/yb-7/
プロフィール

たばちゃん

Author:たばちゃん
Mの国でロードバイクとうさぎを愛するおやじ。

ロードバイクや愛うさとの日々を綴っていきます。

愛うさぎの紹介
  種 別:ホーランドロップ(たれ耳うさぎ)
  名 前:シャウ(愛称:うーしゃん)
  性 別:おとこのこ
  性 格:温厚で甘えん坊、なでなで大好き
  誕生日:平成23年7月24日
  平成23年10月8日おやじと運命の出会いで迎えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うーしゃんカウンター/(^Å^)\
来訪いただいた方々の数(ありがとうございます)(2015年1月24日設置)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR