今週のジテツウ2:H27年8月第4週:うさぎとかめの考察

2015.08.22.23:12

 今週は、前半~中半までは、大気が不安定で曇り~雨の天気だったので、ジテツウが出来ませんでしたが、木曜日は晴れの予報だったのでジテツウをすることにしました。

 貴重なジテツウ日なので、朝はきちんと起きられるように、6時に目覚ましをかけておきます。

 目覚ましで無事に起床。

 いつもどおり、朝食を作って、うーしゃんのお世話、朝食を食べて、身支度を整えます。

 7時10分(少し遅くなってしまいました)過ぎ、行ってきます、うーしゃん。

 いってらっしゃい、でしゅ
/(・×・)\

DSC05805.jpg

 いつもの山越えコースを行きましょう。
DSC05806.jpg

DSC05807.jpg

 雲が多いようですが、まあ大丈夫でしょう。
DSC05808.jpg

 ランバー坂を登った後、苦渋坂を登ります。

 この先にうさぎがいるのですが、分かりますか?
DSC05810.jpg

 正解はここ。
DSC05811.jpg

 休息場にうさぎの看板があります。

 うさぎとかめの話にちなんだ看板なのでしょうが、うさぎが意地悪に語られているこの話し、うさぎ好きにはちょっと頂けません。
DSC05812.jpg


 ネットで、うさぎとかめの話でくぐったところ、面白い事が書かれているサイトがあったので紹介しましよう(一部、加筆修正しています)。




ストーリー
 ウサギがカメのことを足が遅いと馬鹿にしたため、二匹はかけっこで競争をすることになる。

 当然のことながらウサギの速さにカメが追いつけるはずがなく、スタート直後にウサギはカメを大きく引き離した。

 しかし、ウサギはカメを引き離したことで油断しきってしまい、ゴール直前で居眠りを始めてしまう。

 ウサギが眠ってる間にカメは着実に歩みを進め、ウサギが眠っているのを横目にゴールする。

 ようやくウサギは目覚め、自分が負けてしまったのを知り、後悔する。

教訓
 ウサギの油断を通して、相手がどんなに劣っているように見えても、どれほど楽に勝てる勝負であろうとも、けっして手を抜いてはいけないということを子供たちに教える童話である。

 また、カメの決してあきらめない姿勢を通して、物事にあきらめずに取り組むことがすばらしい事だと言う事も教えている。

うさぎとかめ1


考察
 この物語の最大の注目ポイントはカメがウサギを追い抜いたことである。なぜそのようなことが可能になったのかここで考察する。

ウサギは寝不足だったんだよ派
 ウサギの目が赤いのは勝負の前日に緊張して眠れなかったためであり、実はその体力は限界だったのではないか。

 それでもウサギはカメとの勝負から逃げることはせず、時間通りに勝負の場所に現れ、残り少ない体力でそれでもカメを圧倒的にリードした。しかし、ゴール直前にウサギの体力はつき、その場で倒れこんでしまったのである。

 この考察を前提にすると、カメは体調不良で倒れてしまったウサギを横目にゴールに飛び込んだことになる。勝負者としては仕方のないことであるのかもしれないが、道端で倒れ伏せているものを無視してまで競技を続行するのは若干の倫理的問題が発生するであろう。

やる前からカメの勝利だよ派
 「鶴は千年、亀は万年」という言葉にも凝縮されているようにカメにとってこの競争にかける時間と、そのあとについて廻るであろう足が遅いという評判はカメの長い長い寿命の中では一瞬である。

 一方のウサギはせいぜいが数年生きるのが精一杯である。その短い寿命の中でこのようなくだらない勝負に無駄な時間を費やしてしまうことそれ自体がウサギの負けである。そのことに気づいて絶望したからこそゴール直前で戦意を失ってしまったとも考えられる。

実はカメの足は速かったよ派
 アキレスとカメの話を調べるとわかるが、古代ギリシアでも屈指の速さを誇ったアキレスでさえ追いつけない生き物がカメなのである。アキレスは半人半神の英雄であり、通り名に「駿足」と付けられるほどに足が速かったといわれている。当然ながら、ウサギより速かったと考えられる。この前提を元にすると、

1.アキレスはカメに追いつけない。
2.アキレスはウサギより足が速い。
3.よって、カメはウサギより足が速い。
と三段論法が成立する。つまり、ウサギが寝なくてもカメは勝負に勝っていたと考えられる。最初の圧倒的リードさえ、カメがウサギに与えたハンデに過ぎないのである。

ウサギは止まっているよ派
 前者の論理に対して反論するのがこの派閥である。

 アキレスとカメの話は「先行者に対して追いかける追走者」という状況と、「先行者は前に進み続ける」という前提が必要である。この二つが重なることにより、

1.「カメまでの距離をアキレスが進むまでに、カメはそれより先に進んでいる」
2.→「カメが進んだ距離をアキレスが進むまでに、カメはさらに先に進んでいる」
3.→「カメがさらに進んだ距離をアキレスが進むまでに、カメはさらにさらに先に進んでいる」
4.→(ry
という無限ループが発生し、カメはアキレスに追いつかれないという能力を手に入れている。

 しかし、この物語の先行者であるウサギは自ら眠ることにより歩みを止めてしまっている。ここで「先行者は前に進み続ける」という前提は崩壊し、「ウサギまでの距離をカメが進むまでに、ウサギはそれより先に進んでいる」という結果が得られなくなってしまう。

 よって、追走者であるカメはウサギを追い抜くことができたのである。

ウサギはカメに連れられて竜宮城にいったよ派
 ウサギはうっかり眠ってしまったが、勝負の最中に本当にそこまで眠れるものだろうか。百歩譲って眠ってしまったとしても、カメに追い抜かれるほどに長時間眠れるだろうか。

 その答えは時空の流れをゆがめるカメの能力にある。カメの能力「浦島効果(メイド・イン・ヘヴン)」により、周囲の時間の流れがウサギを残して加速し、ウサギがちょっとだけと思った時間は実時間では相当長いものになっていた。その中で唯一時の流れに対応できるカメがウサギを追い抜いたのである。

 カメのこの能力は別の童話「浦島太郎」の中でも発揮されており、背中に載せた浦島太郎のみを残して周囲を加速させ、彼を100年以上先の未来へ送り込んでいる。

ウサギは青鬼さんだよ派
 実はウサギは、カメがのろまと皆から馬鹿にされているのをかわいそうに思っており、それを何とかするために自ら悪役を買って出た

 足が速い自分が競争に負けることによってカメの「足が遅い」という悪評を払拭できると考えたウサギはわざとゴール直前で手を抜き、カメに勝利の栄光を譲り、自らはおろかものの称号をあえてかぶったのである

 同様の童話には「泣いた赤鬼」などがあり、実はうさぎとかめも、この類の友情物語だったと考えられる。
うさぎとかめ2




 うーん、いろいろな解釈があるんですね。

 私的には、ウサギは青鬼さんだよ派を押したいですね。

 皆さんは、どう思います?

 話しが脱線しましたが、今週のジテツウは、1回でした。

 来週はもっとジテツウしたいけど、台風の影響で、雨が多そうですね・・・・

 ジテツウのはなしが、なじぇか、うしゃぎとかめ、のはなしになりましたが、みなしゃんも、うしゃぎはあおおにさんはだよね、のポチしてくだしゃいね
/(๑◕ܫ◕๑) \
 
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車走行日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

たばちゃん

Author:たばちゃん
Mの国でロードバイクとうさぎを愛するおやじ。

ロードバイクや愛うさとの日々を綴っていきます。

愛うさぎの紹介
  種 別:ホーランドロップ(たれ耳うさぎ)
  名 前:シャウ(愛称:うーしゃん)
  性 別:おとこのこ
  性 格:温厚で甘えん坊、なでなで大好き
  誕生日:平成23年7月24日
  平成23年10月8日おやじと運命の出会いで迎えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うーしゃんカウンター/(^Å^)\
来訪いただいた方々の数(ありがとうございます)(2015年1月24日設置)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR