サイクリング・キャンプin東郷(後編)

2014.11.24.18:01

 サイクリング・キャンプ2日目(11月23日(日))

 朝6時、大きな音楽で目が覚めます。
 よくある定時の音楽のようですが、朝早くからこれは大迷惑です。

 8時にもう一度定時の音楽が、この時間帯はいいとしても、今時こんな音楽いらないような気がしますね・・・。
 よけいなおせわでしゅね。/(・×・)\
 早朝、早く1名の方が所要で帰られ、牧水キャンプで記念撮影をした後にもう一名の方が帰られ、本日の参加者は8名になり、自転車乗りは5名になりました

 Sさん達が用意してくれた朝ごはん(前日の残りの肉、焼きそば、ごはん)を食べて身支度と片づけをしていきます。
DSC01222.jpg
 
 コテージにあった「うさぎの座布団」ポイント高いかも
 DSC01224.jpg

 湯ららに向かう前にSさんの提案で、6km程先にあるメディキットの中島記念館(美術館)に寄ることになりました。
 今日の私、少し二日酔い気味ですが、大丈夫でしょうか。
 昨日のように今日もまったりペースなら大丈夫だろうと思っていたら、この後、修行が待ってました・・・
DSC01225.jpg

 キャンプ場を出て、平地35km前後で走ります。
DSC01229.jpg

 なかなかいいペースで、前後入れ替わりのローテーションで気持ちよく走っていきますが、中島記念館に続く坂の所で、いつの間にかバトルに・・・。
 先があるので、無理をしないことにしておきます。
・・・/(・×・)\
DSC01230.jpg

  こんな田舎に美術館?と思っていたのですが、中島記念館には横山大観を始め文化功労賞を受賞した著名な方々の絵画や陶磁器があるようです。
 いなかはよけいでしゅね。/(・×・)\
 受付で入場料(500円)を払い、一階で絵画を見ていたところ、受付のおねえさんが展示品の説明をしましようかと言ってくれたので、お願いをすることにしました。

 きっと高い絵なんだろうな、くらいの感想で最初絵画を見ていたのですが、お姉さんの説明でより楽しく芸術を楽しむことが出来ました(お宝がいっぱいのようですね)。
 そのかんそうはなんでしゅか。/(・X・;)\
DSC01232.jpg

 中島記念館に併設の喫茶店でしばし休んで、木城町の湯ららに向かいます。
DSC01233.jpg

 前後入れ替わりのローテーションで進みますが、こういった走り方をしたことがないので入れ替わるタイミングがよくわかりません。
 と思っていたら、いつの間にかバトルが、マジですか・・、皆さん早すぎます。
 私はまだ、先があるのでマイペースで後から皆さんを追いかけます。
 
 前を行くマウンテンバイクで参加のS師匠、相変わらず凄いです。
 マウンテンバイクなので、トップにはさすがに追いつけませんが、なかなかの速度で走ってます。
 63歳になられるようですが、とてもそんなお年の方の乗り方ではないです。
 恐るべし、S師匠・・・ 
師匠を追い越すのは気が引けるので後からついていきましょう。
 おいこせないだけでしゅね /(・×・)\

 ヤーボーさんが車で、遅れた自転車を引いてくれます。
 ヤーボーさんによると、この道で後ろのドアを開けて70kmで自転車を曳く練習をやるそうです。
 うーん、私とは次元の違う、師匠レベルの人達がいることを改めて認識しました。
DSC01235.jpg
 
 ここから、アップダウンの続く農道を行きます。
 ここまでで、足が切れぎみになっているのでマイペースで行くことにしますが、皆さん早い・・・。
 途中で待っていてもらっても、すぐに置いてけぼりを食らうことに・・・
 最初はついて行こうとするのですが、ある程度差が付くとついて行くきがなくなります。
 すみません皆さん、でもマイペースで走ることにしたので、気にしないことにします。
 ひらきなおったんでしゅね・・・/(・・;)\
DSC01236.jpg

 途中で、サポートカーから自転車を下ろしたヤーボーさんとSさんが様子を見に戻って来て付き添ってくれました、ありがとうございました。
DSC01238.jpg


 2時を過ぎたところで、湯らら到着。
 皆さんはここで食事を取りますが、私は所要があるため(湯ららにつくのが少し遅くなってしまいました)、皆さんに挨拶をして帰ることにします。
DSC01240.jpg
 
 途中で、コマドによって一番人気の「苺ロール」を買って帰路につきます。
IMG_0991.jpg

 ただいま、うーしゃん。苺ロールの中の苺だよ。
 おかえりでしゅ。ひさしぶりのいちごでしゅね/(^Å^)\ 
DSC01243.jpg
 

 スポーツの秋、食欲の秋、芸術の秋を満喫できたサイクリング・キャンプとても楽しめました。

 Sさん、ヤーボーさん、参加された皆さんお疲れ様でした。
 来年の101回目のサイクリング・キャンプにも出来たら参加したいと思います。
 うーしゃんのじょうほうによるとらいねんは、7かいめのようでしゅね/(・・)\

 来年は千切られないように、今から鍛える必要がありますね。
 いつものごとく3かでわすれるんでしゅけどね。/(^Å^)\ 
 脱兎会でこんな感じの宿泊サイクリングするのもいいかもしれませんね。

 走行距離:51km(端数切り捨てで、2日でちょうど100km)
 距離はいつもの走行距離の半分以下程度ですが、内容が濃すぎました(笑)。
 帰ってから次の日にかけて、足が重かったです。
 平均速度:24.1km
スポンサーサイト

サイクリング・キャンプin東郷(前編)

2014.11.24.13:52

 11月22日・23日、ヤーボーさんのお店で知った、Sさん主催のサイクリング・キャンプに参加させていただきました。

  参加者各自が、木城町の湯ららに車または、自転車の自走で集合し、サポートカーに荷物を載せてもらって、自転車で日向市東郷にある牧水キャンプ場を目指します。

 ここ最近、サイクリングをしようとする日は、結構な確率で雨になっているため天気が気になっていました。
 数日前までの天気予報では、またしても40%と嫌な降水確率です。
 天気を心配していたところ、雨は前日であがりそうな予報になり、当日はいい天気に。

 当日朝、家の買い出しをした後、(最初はヤーボーさんの車に同乗させて頂こうと考えていたのですが、翌日の所用のことを考えて)ヤーボーさんに木城町まで自分の車で行きますと伝えに行ったところ、お友達は同乗されますか、と聞かれたので思わずえっ?となってしまいました。 
 
 当初はえいちゃんも一緒に行くかもしれませんと伝えていたため、メンバーに入っていたようです。
 えいちゃんは、スケジュールの都合がつかなくて参加を取りやめていたのですが、私がはっきり参加出来なくなりましたと言っていなかったようです。

 サイクリング・キャンプの案内状に、私の名前の後に友人と書かれていたのですが、友人って変わった苗字だなと思ってはいたのですが、友人が私の友人ということにヤーボーさんに言われるまで全く気が付きませんでした。

 ヤーボーさん、Sさん大変申し訳ありませんでした。
 この場をお借りして再度お詫び申し上げます。

 いったん家に帰り12時前にヤーボーさんのお店に向かいます。
 行って来ます、うーしゃん。
 きょうはおとまりでしゅか、そのぶんなでなでするでしゅ /(・×・)\
DSC01157.jpg

 ヤーボーさんからの参加者、ヤーボーさん(サポートカー)、Sさん(サポートカー)、Hさん、私の4人
DSC01159.jpg

 ヤーボーさんのサポートカー内部
 Hさんのウリエール黒に蛍光イエローカラーがかっこいいです。
DSC01164.jpg

 Sさんのサポートカーの後について、木城町の湯ららに向かいます。
DSC01167.jpg

 1時(集合時間)を少し回ったところで、湯ららに到着。
 Sさんが湯ららから了解をもらい、車を一日停めさせてもらえるようになったようです。 
 参加者は10名(自転車7名、サポートカー3名)。
 主催者Sさんからの挨拶があり、各自、自己紹介をします。
 サイクリング・キャンプ、Sさんの話しによると、今回は記念すべき100回のようです。
  うーしゃんがきいたじょうほうでは、6かいめ?のようでしゅね。/(・・)\
DSC01172.jpg
 
 小丸川を北上し、東郷に向かいます。
 このコースは、脱兎会の走行会で美郷町南郷に行った時以来です。
 その時は、クロスバイク(初代ピナパリがメーカー送りとなっていたため)で参加したため、他のメンバーに付いていくのがやっとで、きつかった覚えがありますが、今回は気持ちよく走れました。
DSC01180.jpg

 快適に走っていたところ途中で、交通規制に会います。
 交通誘導員に聞いたところ、自転車は通してもらえるとのこと。
 Sさんのサポートカーは、規制に入る前に交通規制を抜けたようですが、後ろから来ていたヤーボーさんは1時間近く足止めを食らうことになってしまいました。
DSC01182.jpg

 交通規制を通してもらい、途中から道をそれて「祇園の滝」に向かいます。
 この先には集落があり、こんなところにも住んでいる人がいるのか、と思いながら進んでいたところ、先行していたSさんのサポートカーが、向こうからやって来ます。
 何かなと思って話しを聞いたところ、滝への道はロープが張ってあり通行止めになっていて、死の危険あり、滝へ行く場合は自己責任で、という看板があったとのこと。
 死の危険を冒すのは止めましょうということで、引き返すことになりました。
 Sさんは昔、滝に行ったことがあるそうですが、その時はこんな看板はなかったとのこと、その後、何かあったのでしょうか・・・
DSC01184.jpg

 再度、東郷をめざします。
 DSC01189.jpg

 が、またしても、交通規制に引っ掛かります。
 今回は、クレーン車が道をふさいでいるので自転車も通れないとのこと。
 ここで20分程度の足止めを食らうことになりました。
 DSC01191.jpg

 この通行規制の箇所を過ぎて、目的地の牧水キャンプ場まで後数キロといったところで、何故かバトルが始まりました。
 バトル参加者は、私を含めて4名。
 千切り千切られて、走っていたのですが、途中で先頭を狙いに行くのをやめました。
 ゴールまでどれぐらいか分からないし、疲れた・・・。
 あきらめたんでしゅね。/(・・;)\
 ゴール(牧水キャンプ場)?の橋
DSC01192.jpg

 しばし待っていると、サポートカーとともに後続の方々が到着、お疲れ様でした。
DSC01193.jpg

 DSC01194.jpg

 今日は大した坂もなくおしまいと思っていたところ、キャンプ場の方が気を聞かせて(笑)一番上の方のコテージを用意してくれたようです。
 本日最大の坂、斜度10%半ばくらいはありそうな激坂?が待ってました。
DSC01195.jpg

 激坂?を登ってコテージに到着。
 皆さんお疲れさまでした。
DSC01196.jpg

 サイクリングを終えて、皆さんのお楽しみ晩御飯の焼肉です。
 ヤーボーさんが、昔自分で溶接して作ったという焼肉焼き器で、バーナーは使わず、木切れと新聞で炭を起こしていきます、手慣れたものです。
 DSC01200.jpg

 ヤーボーさんと、若い方が中心になって焼肉を焼いてくれます。
 美味しくいただきました、ありがとうございました。
DSC01208.jpg

 初対面の人ばかりで、うまく話しが出来るかなと心配していたのですが、皆さんいい方ばかりで、なにより自転車という共通の話題があることもあり、も入って話が盛り上がります。
 自転車で坂を上る話になったところで、私が「兎の上り坂」の諺を出したことから、自転車から話しがそれ、うさぎの話に・・・皆さんお付き合いありがとうございました。
 これから、皆さんは、うさぎを一羽ではなく一匹と数えてくれることでしょう。
 DSC01204.jpg
  
 11時半頃、お開きになり?、明日にそなえ就寝します。
 皆さん、今日はお疲れ様でした、おやすみなさい。
DSC01215.jpg

 後半に続きます。
 走行距離:49km
 平均速度:23km

訳あって2代目ピナパリ

2014.11.18.14:54

 ロードバイクに乗り始めて2年が過ぎました。

 訳あって2代目ピナパリに至った経緯について記録しておきましよう。

 ロードバイクに乗り始める前にクロスバイク(トレック7.4)に2年ほど(とは言ってもほとんど乗っていない期間があったのですが)乗っていたのですが、職場で隣に座する師匠から迷走会に参加した時の話等を聞いているうちに、ロードバイクに興味が湧いてきました。

 最初は自転車で100kmって、おかしな人達じゃないのと思っていたのですが、今ではすっかりそちらのおかしな人達の側になってしまいました。
  ・・・/(・X・;)\

 ピンからキリまであるロードバイク、懐に余裕がある訳でもないので、どのメーカーにして、どのモデルにするか迷います。

 値段で妥協して、重めのアルミバイクに乗れば、体重がある私?には、ロードバイクの魅力をあまり感じることなしに、値段もそんなにしなかったし、乗るの止めたとなることが目に見えてます。

 軽いバイクとなると、カーボンフレームという選択になります。

 最初考えていたのは、トレックのマドン5.2
 ネットや雑誌等でのインプレがなかなかいいようです。
 ただ、値段は、決して安くはありませんでしたし、デザインがいまいち気に入りませんでした。

 とりあえず、外に何か良いものがないか探しますが、数多くあるロードバイクのメーカー、初心者にはどれがいいのかさっぱり分かりません。

 あるとき、独特のONDAフォークのピナレロに目がとまりました。
 ONDAフォーク、かっけぇーでも高いなー
 ドグマは高すぎるし、まず乗りこなせない。うさぎに小判になるのが目に見えてます。 
 そこは、うしゃぎではないでしゅね。/(・×・)\

 セカンドモデルのパリも電動アルテグラの完成車しかないし、しかも高い、最初から組むとしても50万近くなりそうだ、うーんどうしょうかな、などと考えているうちに、2013年モデルのパリが発表されました。 

 2013年モデルは、2012年モデルのカラーリング追加のようですが、円安の影響で
フレームセット価格で299,000円(完成車価格がアルテグラ10速で399,000円)
 2012年モデルは
フレームセット価格で348,000円(アルテグラの完成車は(確か)なく、電動アルテグラで548,000円)

 2012年モデルと比較すると、2013年モデルは明らかにお得感があります(フレームセット価格で49,000円安くなっており、昨年度のフレーム価格に+5万程でアルテグラ10速の完成品が購入できます)。
 デザイン的には、2012年モデルの方がいいような気もしましたが(こちらも選べた)、新しいカラーリングをチョイスし、これだったら、何とか買えるかなと算段をして購入を決意。
 平成24年10月27日、Hサイクルさんにて注文後2か月程で納車となりました。

こちらが、納車時の初代ピナレロパリ2013年モデル
 ちゃんと撮った写真がありませんでした
DSC01155.jpg

 初代ピナレロパリに乗り始めて、10か月程過ぎた頃、フレームの掃除をしていたところ、シートステーに亀裂が入っているのを確認
 なんだこれは、この部分をぶっけた覚えもないしということで、Hサイクルさんにメーカーの保証書と供に初代ピナレロパリを持って行きました。 
185_convert_20141118164818.jpg
  
 Hサイクルさんにフレームの状況を確認してもらい、メーカーに送ってみてもらうことになりました(8月末頃)。

 メーカー診断をした際に、最初は塗装クラックだろうと言われたそうですが、Hサイクルさんが念のため、超音波診断を依頼したところ表面に見えるクラックとは別の箇所に深めのクラックが入っていたとのこと。

 クラックが入った原因までは分かりませんでしたが、メーカー保証でフレームを交換してもらえることになりました。
 
 交換してもらえることになったものの、販売後一年近く経過しているため同フレームの在庫がありません。

 どうなるのかなと思ったところ、2014年モデルに交換してもらえるとのこと。
 ピナレロパリの2014年モデルはフルモデルチェンジして、ドグマ譲りのONDA2Vが採用され、電動にも対応したフレームとなり剛性もアップしているようです。
 値段的には、円高の影響かフレームセット価格で389,000円(消費税5パーセントで計算)2013年モデルより、9万円アップしてます(アルテグラ11速完成車で479,000円(消費税5パーセントで計算))。
  
 フレーム以外のコンポ等は初代ピナレロパリからの載せ替えとなりますが、2014年モデルもいいな、かっけーなーと思っていたこともあり、(当然のこと?)交換をお願いしました。

 初めてのロードバイクと、こんな形でお別れ(月に帰った?)になるのは残念でしたが、こうして1年間で2台のロードバイク(ピナレロパリ)に乗ることになりました。
 うしゃぎしゃんでないので、つきにはかえりましぇんね。/(・×・)\ 

 2015年モデルでは、「パリ」はなくなり、「プリンス」が復活したようですね、こちらも気になる・・・
 それはだめでしゅね/(`仝´;)\
 
 平成25年10月11日:2代目ピナレロパリ(2014年モデル)納車
DSC00058.jpg

 初 代ピナレロパリでの走行距離:1,975km(H23.10.27~H24. 8.25:約10か月)
 2代目ピナレロパリでの走行距離:2,960km(H25.10.11~H26.11. 9:約13か月)

 初代と2代目の違いはと聞かれたら・・・よくわかりません
 とーしゃんには、うしゃぎにこばんのようでしゅね /(・Å・)\

雨天決行・唐揚定食・坂元棚田・温泉足湯・車載輪行

2014.11.18.10:17

雨天決行
 何か週末毎に天気が悪いですね。
 11月9日(日)、脱兎会の走行会で日南酒谷地区の坂元棚田に行く予定だったのですが、生憎午前中、雨が降るような予報になっています。

 雨の中、自転車に乗るとその後のメンテナンスがめんどくさいため、雨天時はあまり乗りたくありません。
 先々週のこんぴら丸に行った際の雨で汚れたピナパリをきれいにしたばかりに加えて、サドルも替えたばかりなので、なおさら雨が降った際の参加は気が乗りません。
 
 トレックン7(クロスバイク)で行くか、参加やめるか迷います。
 師匠からの前日のメールによると、中止の時はメールするとのこと。
 朝のメールを見てから決めようということで、寝ます。

 朝起きてみると、結構雨が降ってます、これは中止かなと思っていたところ、7時前に師匠からのメール。
 中止のメールだろうと確認したところ、師匠の気象解析によると9時頃には晴れているのではないかということで、決行するとのこと。
 
 うーんどうしようかな、晴れてきても路面の泥はねでピナパリが汚れるな、今日は不参加にしようかな・・・
 そういえば、輪行の準備もしていなかったな。 
 しばし、悩みます。
 
 9時に赤江ふれあい公園、朝食もとっていないし、今から準備しても時間的に厳しいな、まだ雨が降っているし、やめようかな、でも松万の唐揚定食食べたいな・・・
 はっきりしないでしゅね/(・×・)\

 7時30分頃、師匠から再度メールが、集合時間を9時半にするとのこと。 
 天気予報で、雨雲の予想図等をみると10時くらいには、雨が止んでいるような気もします。

 とりあえず、頭の中で損得勘定をしてみます。
 不参加で松万の唐揚食べない+ピナパリのメンテナンスしなくていい参加して 松万の唐揚食べる+ピナパリメンテナンスする
 ということで、参加することに決定 
 やっぱりそうくるのでしゅか/(・X・;)\  
 
  集合時間に間に合うためには、8時半前には出ないといけないけど、時間的に厳しいし、まだ雨が降っているな、ということで、車載で行って途中(青島の渚の交番)で合流することにしました。

 そそくさと準備して、9時10分頃家を出ます。
 行って来ますうーしゃん。
DSC01111.jpg
 あめのなか、きをつけていくんでしゅよ。/(・Å・)\

車載 
 ピナパリを愛車に積んで、青島に向かいますが、雨が止む気配がありません。
DSC01115.jpg

 青島の近くにある公園に着きましたが、小降りになったものの雨が止みません。
 うーんやっぱ、参加止めて帰ろうかなでも松万の唐揚食べたいな
 ということで、ここでも参加を選択ということで、ピナパリを車から降ろします。
 やっぱりからあげのかちでしゅか・・・。/(・X・;)\
DSC01116.jpg
 
 青島の渚の交番に10時到着
DSC01117.jpg
 
 メンバーの到着をしばし、待ちます。
 本日の参加メンバーは、師匠、きくちゃん、かずちゃん、ハーレーさん、私の5人
 えいちゃんは、クロスバイクで落車した際に胸を強打して、胸骨骨折したこともあり、不参加となりました。
 えいちゃん早く良くなって、グルポタやりましょうね。

 師匠によると、集合地点までは、雨がほとんど降っていなかったのに、私が待つ青島に近ずくにつれて雨が強くなったとのこと。
 うーん、雨は私のせいではないはずですが・・・ 
 さいきんのおやくしょくでしゅね/(^Å^)\
DSC01119.jpg

 メンバーと合流後、内海のデモンデマルシェにて休憩し、お腹が空いていたこともあり、メンチカツバーガーを頬張ります。
からあげたべるのにいいんでしゅか。/(・X・;)\ 
 DSC01122.jpg

唐揚定食 
 うえのもじがまっくしゅですね/(・×・)\
 雨を避けるため、いつもは通らないトンネルを通ったりしながら、日南市内に到着する12時頃、ようやく雨がやみました。
 飫肥にある松万に到着
 DSC01123.jpg

 松万は仕事の時も食べに来ることがあるのですが、唐揚定食はボリュームがある(食べた後眠くなる、カロリーも気になる)ため、一度しか食べたことがありません。
 自転車に乗った際は、カロリーも消費するし、眠くなることもない?ため躊躇なく唐揚定食を頼むことができますね。

 ということで、男性3人が頼んだ一押しの唐揚定食
 写真でみるとそんなにボリュームがないようにも見えますが、唐揚の個数も多く、ポテトサラダも多めです。
 カロリーを気にしたら食べられない一品となっております。
 わかっていながらもたべるんでしゅね・・・/(・X・;)\
DSC01126.jpg

 女性二人が頼んだのはこちら、かつ丼
 きくちゃんから、ごはんのお裾分けを頂き、お返しに唐揚を一個差し上げました。
 とうしゃんがからあげあげるとは、めずらしいでしゅね/(・Å・)\ 
DSC01127.jpg

 満腹になった後、本日の2番目の目的地、酒谷地区の坂元棚田に向かいます。
 晴れ間も見え始め、路面も乾いてきてます。
 飫肥の街並みもきれいで気持ちよく走れますね。
DSC01128.jpg

前方に日南ダムが見えます。 
DSC01131.jpg

 日南ダムを上から望む
DSC01135.jpg

坂元棚田
 きくちゃん、かずちゃん、私が師匠より一足先に棚田到着
 残念ながら、稲は刈り取られてます。
 収穫前の稲があればもっときれいだったのでしょうね。
 そんなに急な坂ではありませんが、前を行くお二人にならいロードを押して上ります。

 さぼったんでしゅね/(・Å・)\
DSC01136.jpg

 写真を撮りに展望所に上っていた師匠、当然のごとくロードで登ってきます。
DSC01138.jpg

 師匠が展望台で撮った写真。
 展望所までの坂は斜度20パーセント(場所によっては超えている?)はあるだろうという激坂だったとのこと。
 ついていかなくて良かった・・・
DSC_0576.jpg

 ロードを押して上る3人の姿が撮られてました。
DSC_0577.jpg

 棚田を下って、道の駅酒谷でおやつタイムです。 
 おやつにチョイスしたのはこちら
DSC01144.jpg
 
 アイスもなかにしては軽いかなと思いつつかぶりつくと、うん?といった感触。
 アイスがぎっしりとは詰まっていません。
 アイスがバニラ系アイスではありません。
 昔懐かしいアイスが入ってます。
 アイスもなかと思って食べると?ですが、普通のアイスもなかとは別物と思って食べると、何か昭和を思わせる懐かしくさっぱりとした味でいいかもしれませんね。
 DSC01145.jpg

温泉足湯
 次に向かうは、北郷の大藤温泉にある足湯。
 足湯に入って疲労回復をはかります。
 足湯に入った後は、血行がよくなるからか足が軽くなる気がします。
DSC01147.jpg

 輪行
 足湯を後にし北郷駅から輪行で帰路につきます。
 輪行袋に入れる準備をしていると特急「山幸海幸」がホームに入って来ました。
 乗客の方々が何してるんだろうみたいな感じでみてますが、時間がないので、急いで輪行袋にロードを収納しないといけませんね。
 DSC01149.jpg

DSC_0595.jpg
 
 青島駅でメンバーと別れて下車しました。
 車に車載して帰路につきます。
DSC01152.jpg

 ただいま、うーしゃん。
DSC01153.jpg
 おやつでしゅか /(^Å^)\

 午前中はなかなか止まない雨にうんざりしましたが、午後からは晴れ間も見られるようになり気持ちのいいサイクリングとなりましたが、ピナパリがドロドロになったのでメンテをしないといけませんね(めんどくさー)。
 
 新しく取り付けたSMP HELL(サドル)については、走行距離が100kmには達しなかったのですが、少しお尻が痛くなりました。
 サドルの位置をもう少し前にずらしてみる等して様子を見たいと思います。

 前段でえいちゃんの自転車事故に触れてますが、自転車事故と言えば、
 なもさんが自転車で車と接触するという交通事故に会われたようで、自転車に乗る際は事故にも気をつけなくてはいけませんね(自転車乗りにとって他人事ではありませんね)。

 とは、言っても避けようがない事故というのもあるわけですし、ヘルメットが割れるような衝撃を受けた事故のようでしたが、手の骨折程度で済んだのは不幸中の幸いだったのかもしれませんね。
 ヘルメットの大切さを再認識しました。
 なもさんの骨折が早く治って、サイクリングの記事が見られるようになることを心待ちにしてます。

 本日の走行距離:86km 
 平  均  速  度:22.1km
 一応、おおまかなルートをルートラボに落としてみましたが、酒谷の道の駅から坂元棚田の道がルートラボ上のマップに表示されなかったため、酒谷の道の駅どまりとなってしまってます。


看板うさぎ?のいる保育園

2014.11.16.12:40

 所要で、ある保育園に行くことになったのですが、その保育園には「うさぎ」がいるとのこと。
 うさぎを飼育している保育園、県内では珍しいのではないでしょうか。

 楽しみにして行ったところ、2匹いました
 しかもたれ耳キター

 首のマフで女の子と分かりますね
 マフ= 2~3歳以上の女の子に著しく目立つようになる、あごの下の皮膚。
     出産が近づくと肉垂周辺の被毛を引き抜いて巣にします。
 可愛い
IMG_0883.jpg

IMG_0890.jpg

 もう一匹は男の子
 この子は小屋の外に出て来てくれませんでした。
IMG_0884.jpg
 
 ロップ系(たれ耳)うさぎは、体の大きな子が多いようですが、この子達も大きめですね。
 うーしゃんは、ロップ系うさぎの小型種のホーランドロップで体重は1.8kg程度ですが、この子達はうーしゃんより二回り程大きい感じがします。

 外で飼っているため、小屋と外が、うさぎさん達が掘った穴でつながっています。
 穴うさぎの本領発揮といったところですね。
 小屋を見てまず思ったことは、穴を掘って逃げ出さないのかなということ。
 ペットとして飼われている、うさぎは、元は穴を掘ってその穴で生活する「穴うさぎ」です。
 私が抱いた疑問は、やっぱりそうでした。

 この保育園、高台にあるのですが、小屋にいるうさぎさん達(昔はもう数匹いたそうです)が、が下の土手で見つかったことがあるそうです。
 原因は、うさぎさん達が穴を掘ったことです。
 ただ、家は、ここの小屋と認識していたようで、外に出て逃げ出したりはしなかったようです。
 今は周りをコンクリート?で固めて一定区域内から出られないようにしているそうです。 

 うさぎさん達のお家
 外に大きな穴が見えますね。
 ぼくしゃんももぐりたいでしゅ。/(^Å^)\
IMG_0895.jpg

 おまけ
 とあるゲーセンで、大・中・小のうーしゃんぐるみ・・・欲しい
IMG_0896.jpg

おしりの痛み解消?

2014.11.16.11:38

 サドルを替えたので記録しておきましょう。

 完成車に付いていたサドルを、サドル全体がしなってお尻の痛み軽減というタイオガ スパイダー ツインテール(ツインテールと言えば、帰ってきたウルトラマンの怪獣が真っ先に思い浮かびますが・・・)に付け替えていたのですが、長距離を走るとどうしてもお尻が痛くなってしまいます。
 体重のせいではないのでしゅか。/(・Å・)\

 そこで以前から、何かいいサドルはないかと思っていたところSMPのHELというサドルがあることを知り、ヤーボーさんのブログでもこのサドルがお勧めとあったため、調べたところ結構いい感じ。
  
 デザイン的にも白、黒、赤でピナパリにマッチしそうです。

 お値段もSMPにしては、割安?

 ということで、サドルを付け替えることに決定

 ヤーボーさんにて取り付けをお願いしました

DSC01094.jpg

 取り付け前のピナパリ
DSC01087.jpg

 取り付け後のピナパリ
 結構印象が変わってますね。
 サドル重量
  ツインテール:140g
  S  M  P :280g
           140g増
 ツインテールよりサドルに厚みがあるため、シートポストが下がってしまったことが悲しいですが・・・
 あしがみじかいからしかたがないでしゅね/(・×・)\
 でも、サドルの後ろが上がっているから、心なしかサドル位置が高くなっているようにもみえますね。

DSC01107.jpg

 ツインテールのアップ
 DSC01091.jpg
  
 HELのアップ
DSC01106.jpg

 試走ということで、綾まで行って来ました。
DSC01099.jpg

 こんな使い方も出来ます。
 /(・X・;)\
 DSC01102.jpg

 綾まで往復、約30km走りました、とりあえず良さそうな感じですが、100km以上走って見ないと私のお尻にマッチしたサドルか分かりませんね。  

輪行で行くこんぴら丸(in隼人)

2014.11.02.16:48

脱兎会壮行会の前々日(10月24日(金))は、職場の係の「めぐたん」の条件付き採用が終わったお祝いで、塚田農場で飲み会をしました。
 おねーしゃんのあしばかりみたらだめでしゅよ/(・・;)\

  私はビール等なのですが、何杯目かおかわりをしていたところ、生ビールに猫の顔?等を書いておねーさんが持って来たため、「たれ耳うさぎ」の絵を描いてとリクエストしました。
 それがこちら、うーしゃんビール
 ぼくしゃんは、おしゃけはのみましぇん。/(・×・)\
IMG_0809.jpg

10月26日(日)の走行会、師匠が計画したのは、こちら。
DSC01019.jpg

 鹿児島県霧島市隼人にある師匠が一押しの「こんぴら丸」に行って、帰りは西都城駅から輪行です。
 こんぴら丸については、迷走会で行った話しを度々聞いてしたので、いつか行ってみたいと思っていたお店です。
 こんぴら丸は、直営のこんぴら丸船団が捕った魚を直で提供するため、リーズナブルな料金で鮮度抜群の魚料理が食べられるお店です。
 
行く前からネットでメニュー表を見てあらかじめ、食べるものを決めておきます。
 さすが、とーしゃんでしゅね。/(・・;)\
 今回の狙いは、ずばり「サバの刺身(〆鯖ではありません)です。
サバの刺身は絶品ですが、サバは鮮度が良くないと刺身では提供出来ないため、あまり扱っている店がないので、これが食べられるのが楽しみです。

この日の天気、何日か前までは「曇」40%だったのが、前々日は「晴れ」30%に変わっていた(信頼度A)ので、安心していたのですが、前日の天気予報を見て唖然としました。
 「曇のち雨」50%に変わってます。
 前後の天気は、ずーっと晴れ・・・  
信頼度Aの晴れが、一転して「雨」の予報になってしまうとは、参加者の誰かの行いがよほど悪いのでしょうね。
いうまでもなく、とーしゃんでしゅね。/(^Å^)\

 雨が降ると自転車が汚れてしまうため、乗った後、自転車をきれいにしないといけないのですが、これがめんどくさいため、雨が降る予報の時は参加しないか、クロスバイクで参加することにしているため、参加するか悩みます。
 前日夜までに師匠からの(中止)メールが無いため、当日朝(メールがあればこれを見て)参加するか決めることにしました(クロスバイクで参加するのは走行距離的にきついので、不参加の方向で検討・・・)。
 
朝のメールでは、昼頃少し降られるようだけど、ずっと降るわけではないようなので決行するとのこと。
 マジですか・・・しばし悩んだ後、「サバの刺身」を食べるため、行くことにしました。
 サバのためにいくのでしゅか・・・/(・・;)\

  朝ごはんを食べ、うーしゃんのごはんとトイレ掃除をしていたら、家を出るのが少し遅くなってしまった。
行ってきます、うーしゃん。
いそいで、きをつけていくでしゅ。/(・Å・)\
DSC00965.jpg

  急いで家を出てしばらく行ったところで、ヘルメットを被っていないことに気が付いたのであわてて取りに帰ります。
  きょうは、だいじょうぶでしゅかね。/(・・;)\

 7時40分頃、高岡のビタミン館に到着。5分くらい?待たせたようです。
 みなさん、お着きで私をお待ちだったようです。
 おはようございます、遅れてすみません。
 本日の参加者:師匠、えいちゃん、きくちゃん、ばるちゃん、私の計5人 
 えいちゃんは、二日酔い気味で、古いダブルレバーのクロモリのロードバイクで参加ですが、大丈夫でしょうか?
DSC00967.jpg

 野尻のコンビニで休憩。
 ダイエット、効果を期待して、セブンカフェのコーヒーLを飲みます。
DSC00970.jpg

 霧島、御池方面を目指します。
DSC00971.jpg

 高原のコンビニで休憩。
 この後は、霧島まで休みなしで行くそうです。
 DSC00973.jpg

 ぱっとしない天気、山の方は雨が降っているような感じですね。
DSC00976.jpg

 御池の前を通って続くだらだらとした坂。
 終わらない坂に嫌気がさしてきますが、御池小学校を過ぎたら下るそうです。
 みんな頑張れ

 やっと、御池小学校、とりあえずだらだら登り坂は終わり、みんなの歓声があがります(笑)
 いつも思うのですが、どこから子供達が通ってくるのでしょうか?
 興味がわいたので、学校のHPみたところ、職員は6人、子供達の数はわかりませんが、かなり少ないような感じです。
帰りは校長室に子供達がやって来て、校長先生と握手をして帰るようです。
ほのぼのとして、なんかホットしてしまいました。
DSC00977.jpg

脱兎会走行会初の県境越え(祝)
DSC00979.jpg
DSC00980.jpg

 霧島神宮の鳥居の脇にある足湯でしばし休憩。
 だらだら登り坂の足の疲れを癒します。
 うーんいい気持ち
DSC00981.jpg
 こんな山岳賞?ノボリ発見、「自転車天国 霧島」おもてなし協力店 とあります。
 お店は覗かなかったけど、自転車乗りに何かサービスでもあるのかな?
 DSC00985.jpg

 予定よりも時間がかかってしまったようで(私の遅刻のせいばかりではありませんね・・)、
 師匠がこんぴら丸に電話をして11時50分の予約を12時30分にしてもらいます。

 ここを出たところで雨がぽつぽつと降ってきました。
 霧島神宮を出て下っているところで、前を行く師匠がなにかポトリと黒い物を落として行きました。
 呼びかけましたが、どうやら気づいていないようで、先に行ってしまいました。
 戻って拾い上げて見ると財布のようです(写真を撮り忘れてしまいました)。
 思わず、懐に・・・ではなく、師匠に渡さなければいけませんね。
 気づくまで黙っていようかとも思いましたが、根が正直な私、追いついて直ぐに師匠に財布を渡しました(3割ください(笑)。)
 雨が本降りになってきたので、(防水でない)カメラをリユックに直します(この後の写真があまりありません)。

 12時40分頃、こんぴら丸到着。
DSC00988.jpg

 一番に来たのは、えいちゃんが頼んだ「カキフライ」・・・これが、心配?のネタタネに・・・が、えいちゃんが電話をしに行っているため、「カキフライ」がテーブルの上にあります。
 おいしそう。あつあつで食べないと美味しさ半減だね。一個食べても分からないかも。
 かってにたべたらだめでしゅよ。/(・・;)\
DSC00995.jpg

 他の人は、マグロの刺身盛りを2人で分けて食べます。
 (師匠が一つ分けてくれました。とてもおいしかったです。)
DSC00996.jpg

 私は、「サバの刺身」 600円(税抜)
 真サバとメニューにありますが、首おれサバ(ゴマサバ)のようです。
 ゴマサバは、マサバに比べて脂肪分が少なく、刺身にすると身の締まった歯応えが味わえるようです。
 油の乗った真サバの刺身を期待していたのですが、これはこれで美味いです。
 今度は、真サバの刺身が食べたい・・・
DSC00997.jpg

 色々あるメニューから選んだのはこれ
 お店一押しの日替わり「こんぴら定食」 1200円(税抜)
 ごはんはおかわり自由です。
 ビールが飲みたいですね。
DSC00999.jpg

 しばし、離席し電話をしていたえいちゃん、やっと腰を据えて食事です。・・・理由は、後記の師匠の復命を参照
 カキフライ冷めてないですか(笑)

 急用?が出来たため、ここから国分駅から輪行で帰ることになった、えいちゃんを見送ります。
 何か、さみしいですが、気を付けて帰ってください。
DSC01003.jpg

 食事中に雷がなって激しく雨が降っていたようですが、雨はほとんど降っていないようです。

 ここから先は、雨が降ってくるといけなためカメラをリュツクにしまってあり、あまり写真がありませんので、師匠の復命書を最初から(無断)転用(一部書き込み修正)します。師匠ご了承ください。
 てぬきをしたでしゅね・・・/(・・;)\

以下、師匠の復命より♪
 さて、昨日の県境越えサイクリング、参加されたみなさまお疲れさまでした。
 晴れの予報がいつの間にか曇りのち雨となり催行を悩んだのですが、天気図解析し、降られても昼前後の一時的と判断し決行しました。

 国道10号の裏道を西へ向かい、野尻、高原へと予定どおり順調に進みます。
 が、御池から霧島神宮方面への上りはしつこすぎたようで、じわじわとペースダウン、お昼の予約時間を30分繰り下げ、霧島の足湯でしばし休憩していると、雨が降り始めました。
 軽くなった脚で雨の中を突き進み、無事こんぴら丸へ到着。

 食事は当然、美味でございました。

 その後、えいちゃんが頻繁に電話でのやりとりがはじまり・・・

 旅先ながら電話対応に追われるえいちゃん、残りのメンバーはテーブル上にあるえいちゃんの牡蠣フライが冷めないか心配で・・・
 いや、えいちゃんに降りかかった災難が心配で心配で・・・
 各自注文した食事が喉を通らない事はなく堪能しました。

 えいちゃんは自宅玄関の施錠ができなくなったとの連絡を受け、急遽国分から輪行で帰宅することになり、残る4人でお見送りしました。
 国分駅発13:56の電車を目指し13:39にこんぴら丸を出発、かなりぎりぎりの時間です。

 えいちゃんを見送った後、瀬戸口近代車(通称セトキン)でえいちゃんからの連絡を待ちます。
 セトキンでは女性陣からジャージのおねだり攻撃を受けながらも必至に藻掻き逃げ切りましたが、今回のルートの中で一番負荷が高かった場所と記憶しています。
(せときん、おねだりを受けている師匠を横目に、これには加わらないようにしていたのは、ここだけの話しにしておきましょう(笑))

 一方、えいちゃんは国分駅までの道程で迷った(さすが迷走会支部)ようで、狙った電車には乗れず、その後の特急電車で帰られたとのこと。
 えいちゃんにとって今回のルートでもっとも負荷が高かったのは電車区間の財布だったと記憶していることでしょう。

 セトキンでのバトルを終え、次は10km延々と続く上り坂へ
 途中から日が射し、錦江湾に浮かぶ桜島を観ながら、終わりの見えない坂を黙々と上り、
DSC01005.jpg

 頂上の繁華街(笑)に安堵した後はローソンで愛すべきアイスタイム。

 10kmの坂で消費したカロリーを上回る補給であることに触れないのは当然のお決まりです。
 さらなるカロリー消費を目指し出発しますが、途中からえいちゃん代理として山形県からやってきた日本一周自転車野郎が加わります。

 ばるちゃんはすっかり仲間になり、そのまま日本一周へ旅立つかと思いきや、アタックを仕掛け振り切って迷走会支部(脱兎会)へ合流復帰しました。

 旅も終盤に差し掛かり、今回はウェット路面でパンクしやすい状況であるにも関わらず誰もパンクしないという快挙!日頃の行いの賜です。
 と思った矢先、ゴール地点である西都城駅まで3km少しというところでパシュ、シュ、シュ、シュ、シュ、シュ・・・はい、わたくしめ(師匠)のバイク後輪にパンクの神様が降臨しました(>_<)
 しかも替えチューブのバルブトップが外れてコロコロコロリンと失くしてしまう有り様・・・
 たばちゃんからチューブを譲り受け対応しましたが、このロスタイムで冷や汗かくことに・・・
DSC01009.jpg

 西都城駅前のセブンイレブンで買い物を済ませ、駅に17時25分頃に到着、時刻表を確認すると次の電車は17時38分発。

 慌ててバイクを収納し、ばるちゃんと私(師匠)がホームに待機している電車へ飛び乗ります。
 いよいよ発車時刻になりましたが、たばちゃんときくちゃんの姿が見えず、万が一に備えて電車のドアが閉まる時には妨害工作を企てようと考えていましたが、構内放送で「あと2人が乗車したら出発」のアナウンスにより犯罪を犯すことなく無事全員が乗車できました。

  県境越えサイクリング、疲れさまでした。

 以上、師匠の復命書の(無断)転用終了♪

続いて、えいちゃんの復命書の(無断)転用(一部書き込み修正)♪
まだ、つづくでしゅか。/(・・;)\

 県境越えサイクリング、疲れさまでした。
 途中離脱したえいちゃんです。

 お昼の食事が気になりがらの電話での対応でした。(たばちゃん、牡蠣フライは美味しいうちに食べて頂いた方がよかったかもです。)(一個、食べておけばよかった・・・)
 外で連絡していて、結構な雨と雷で聞こえなかったのですが、自宅の玄関ではなく車道に面した納戸(私が主に出入りするのでわたし用の玄関かも)の引き違い扉が閉まらなくなったようでした。
 こんな時に、どこにいるの?との家族からの電話口・・・。
県外にいるとはとても言えず、ともかく工務店に連絡したもの日曜日だったので大工さんがお休みとのこと((T^T))
 泣く泣く帰ることに・・・(えいちゃんの家での立場が垣間見えるようですね(笑))
 
  国分駅発13:56の電車を目指し13:39にこんぴら丸を出発、かなりぎりぎりの時間です。
 ↑↑
国道223号線をJR国分駅に向かいましたが、隼人駅の表示を左ではなく右に曲がらなくては行けなかったようなのですが・・・。
 焦っていてJR国分駅の青い標識を見落としたのか、その国道を直進しJRの線路と併走してました(こんぴら丸からグーグルマップで6KMだったとぼんやりと覚えていたのが裏目に出てしまいもっと地理関係(駅の位置関係)を把握していればよかったのですが・・・。
途中で信号停車している車にを聞いたところ、右折すれば行けるとのこと、素直に信じて進むと妙見温泉!!に来てました。
 さすがに、迷走したなと、近くのGSに聞いたらうーん、自転車だと30分は戻るねと・・・。
急いでいたの(アウタートップで)とサイコンが不調だったことも重なり、かなりの距離走っていました。

 ここで、セトキンでおねだりされていた師匠にヘルプの電話をし、14時台の特急があるはずとのアドバイスをうけ、気を取り直して国分駅をめざします。
 その時はすでに、見渡す限り田んぼで、自分のいる場所がまったくわからず。
 
 たばこをすいながら歩いていた若者を引き留めて道を聞きました。(たぶん、普段だったら声をかけないかなと思われる風体でしたが、不憫に思ったのか、気さくで丁寧な対応で近道を教えてくれました。)・・・・。

 ようやく国分駅についてみると14時台に特急がありました。
 ところが、JR宮崎駅までの切符の値段をみたらびっくりでした。持ち合わせ金額、ほぼぴったりで、もし師匠にマグロの盛り合わせの割かん額半額(700円?)を払っていたら乗れなかった(焦)
 急いで輪行に取りかかりますが、日頃の練習不足と雨に濡れた輪行袋のため悪戦苦闘。・・・。

 なんとか、特急に乗り宮崎駅で下車。
 急いでいたのと疲れていたのとで、タクシー乗り場へ(家に戻りタクシー代を払えばいいかなと思い)。
国際タクシーのドライバー曰く、大きさ的に乗せるのは厳しいなと。

 しかたなく、輪行袋から出して組み立てたのですが、今度は輪行袋が収納袋に入らず、またもや悪戦苦闘。
 ようやく、自転車に乗り、街中を飛ばして帰路につきました。たぶんこの行程でもっとも疲れたのはこの時かなと。

 家に戻り、状況を確認し、家族の冷たい視線をあびながら応急処置に取りかかり、ここでも悪戦苦闘。
扉の一応の処置をし、なんとか(こんぴら丸で頭をよぎった、出張なのにまさかの年休?)年休も取ることなく無事出張から戻りこの長文を書いています。

 この前の、飲み会の時以来、電話に出るのがトラウマになりそうです((^^;))

以上、えいちゃんの復命書の(無断)転用終了♪。

 師匠とえいちゃんの復命で状況がよくわかりますね。
 
 ただいま、うーしゃん。
 シャバのしゃしみは、おいしかったでしゅか。/(^Å^)\DSC01018.jpg

今回の走行距離:139km
平  均  速  度:20.2km 


プロフィール

たばちゃん

Author:たばちゃん
Mの国でロードバイクとうさぎを愛するおやじ。

ロードバイクや愛うさとの日々を綴っていきます。

愛うさぎの紹介
  種 別:ホーランドロップ(たれ耳うさぎ)
  名 前:シャウ(愛称:うーしゃん)
  性 別:おとこのこ
  性 格:温厚で甘えん坊、なでなで大好き
  誕生日:平成23年7月24日
  平成23年10月8日おやじと運命の出会いで迎えられる

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
うーしゃんカウンター/(^Å^)\
来訪いただいた方々の数(ありがとうございます)(2015年1月24日設置)
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR